低気圧と頭痛

整体師・カイロプラクター・スポーツトレーナーで開業をめざす方をサポートしています。

院長日誌
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
人間の体は小宇宙と言われます。低気圧が頭痛に関連するのも、人間の体が自然の一部だということがわかります。

低気圧は大気中の酸素の濃度が薄くなる状態です。その時、体の血管は拡張します。
急激に拡張し過ぎると、気圧に敏感な方は痛みを感じます。収縮期と拡張期のの変化が大きいと頭痛を感じるようになります。

頭痛が起きた時の対処方は、市販の鎮痛剤を服用、軽めストレッチで酸素を首、脳に吸入する。(首筋など)を冷やすなど拡張した血管を収縮すれば効果があります。

予防法としては、普段からストレッチなどで体を動かしたり、ウォーキングなどで、心肺機能を高めることが必要です。積極的に体を動かして体を鍛えることが大切です。過食、過飲も要注意です。
(血管の収縮、拡張は自律神経の働きによるものです。この働きが過敏、過剰にならないように心身の安定にも気を配ることも大切です。)

本日の心理テストです。
あなたは、クリスマスディナーに招待されました。しかもあなたの好きなアーティストが出演するそうです。
しかし、ディナーに着ている服が見当たりません。
さて、どうしましょう?
①友達から服を借りる。②この際、思い切って購入する。③クローゼットにある洋服からなんとかコーディネートする。④着ていく服もないしディナーを断念する。
スクール関連 | 10:14 PM | comments (x) | trackback (x)

このページの最上部へ
京都市北区、ICP整体師養成スクール 〒603-8133 京都市北区出雲路松ノ下町10-25
9:00〜21:00(火曜日定休)
ICP整体師養成スクール tel/fax…075-451-4970 メールでのお問い合わせはこちらから